乳児クラスは担当制を行っています。食事や排せつなどの生活のお世話を、同じ保育士がします。毎日受け入れられて愛情を感じると、生活リズムと情緒が安定します。子どもは愛されてやさしさを知り、その優しさゆえにまた皆から愛される人になります。

人生が80年まで続くと考えれば、乳幼児期に漢字が読めたり宙返りができるより、いろいろな経験で学び、人と心を通わせ、健康な心と体を育て、子どもが「生きることって楽しい」と未来に希望が持てるように育つことと考えます。

やなぎまちえんの取り組み

指導・教育ではなく、発達に合った遊びと教育を結び付け、遊びを通して生活の中から学べるように保育しています。子どもの生活の「食う、寝る、遊ぶ」の環境の充実を図り、保育士があそびを提供する設定保育の時間と、子どもが遊びを学べる自由遊びの2種類の時間を毎日確保し、ワクワク、楽しく、遊んで学ぶ環境作りに取り組んでいます。

更新情報

2011/07/15 ホームページを開設しました!

トップへ戻る